Floraison(フロレゾン)

マイクロバブルとは

Pocket

マイクロバブルって?

 なかなか聞き馴染みのない言葉? いや、もしかしたら一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

 一言で言うと、「微細気泡」(びさいきほう)、すごく小さい泡の事を言います。「マイクロ」は、1ミリのおよそ1000分の1を表す言葉なので、1ミクロンの泡を1000個集めると、1ミリになるということですね、、、(いやはや…小さい!!)。

シャワーヘッドでは、これらが無数に集まる状態を連続的に作り出すことが出来ます。

 

 以下、当社HP(https://ishikawa-saketen.com)からの抜粋です。

 

 液体中に含まれる極小の気泡群のことを「微細気泡」と言います。古くから海や川、滝など自然に発生しているものでもあり、近年になって人工的に大量に発生させる技術が開発されました。

 微細気泡は、効率よく水中に溶け込みやすい性質があり、これまでのエアレーションシステム以上に、効率よく短時間で水中の溶存酸素濃度をあげること(または保持すること)が期待されます。この「微細気泡」には驚くべき効果があることが多くの事例により証明されており、現在、各分野で急速に導入が進んでいます。

 「微細気泡」のことを使用者が各々の解釈で「マイクロバブル」や「ナノバブル」などど呼んでいましたが、導入が進むとともに名称や定義標準化の必要性が高まり、今後は直径が100 μm(0.1 mm)以下の気泡を「ファインバブル」、さらにその内訳として、直径が1~100 μmの気泡を「マイクロバブル」、直径が1 μm以下の気泡を「ウルトラファインバブル」と呼ぶことに統一されること(国際標準化;ISO/TC281)が決まっています。

 

 

 どうでしたか?わかりにくかったでしょうか?

 

 細かい泡が沢山あると、何かいい事があるのか…? という疑問が浮かんできますよね。 

 それが…実はあるんです!!

 

 ✓水に溶け込みやすくなる (小さいから)

 ✓水面になかなか浮かんでこない (水中で漂う)

 ✓水中で消える、つまりは勝手に溶け込む (えっ!?)

 

 いや、これが本当なんですよ。自己圧潰(あっかい)作用といって、自ら収縮して、水中に溶け込んでいくんです。
ね。すごいでしょ。この性質を使って、様々なことができるんですよ。

 

 細かいことは、また別の機会にご紹介しますが、小さいと何が良いかと言えば…そう、毛穴や角栓に浸透、入っていきやすくなり、皮脂汚れを浮かび上がらせることが出来るんです!!…ということは、もうおわかりのように、シャワーヘッドなどとの相性が抜群だということがわかりますよね。

 

 

微細気泡とは

 

 

ミルト(myrte)マイクロバブル シャワーヘッド(通常タイプ)

商品紹介

29,800円 定価;(税抜)

購入はこちら

230(長さ)×100(幅)×130(奥行)mm

付属品:各社アタッチメント、ポリウレタンチューブ、チューブ固定用バンド

商品紹介

 圧倒的な自吸量と微細気泡生成量。他社製品とは比べ物になりません!!本物を追求したい人向け。バスタイムで、至福のひと時を。

 

 通常タイプ。(ご自宅の給湯器の相性によりますが、水道管直結タイプ(直圧式)はこちらをご使用できます。)

  
 一般家庭用圧力:0.2 MPa程度。ダイレクト(直接噴射)方式なので、空気の自吸量が段違いです。

ソレイユ(soleil)マイクロバブル シャワーヘッド(節水タイプ)

商品紹介

29,800円 定価;(税抜)

購入はこちら

230(長さ)×100(幅)×130(奥行)mm

付属品:各社アタッチメント、ポリウレタンチューブ、チューブ固定用バンド

商品紹介

 圧倒的な自吸量と微細気泡生成量。他社製品とは比べ物になりません!!本物を追求したい人向け。バスタイムで、至福のひと時を。

 
 節水タイプ。(ご自宅の給湯器の相性によりますが、普段使いの圧力が弱いと感じられる方はこちらをお薦めします。)

  
 一般家庭用圧力:0.2 MPa程度。ダイレクト(直接噴射)方式なので、空気の自吸量が段違いです。

この記事を書いた人

佐藤嘉

研究者、エンジニア、発明家。博士(工学)。岩手大学大学院、東北大学大学院修了後、同大学金属材料研究所の研究員を経て帰郷。 地元民間企業を経験した後、地元の私立・県立工業高校、国立高専で教鞭を執る。専門は材料工学(金属、粉末冶金)。 現在、技術コンサルタント業などフリーランスとして活動する傍ら、マイクロバブル関連技術の啓蒙活動をはじめ、これらの設計・製造・開発業務を行う。他、3Dプリンターを駆使した製品の製造を手掛ける。 山形県鶴岡市在住。日本金属学会会員。日本高専学会会員。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

マイクロバブルシャワーヘッドでご家庭でもワンランク上のバスタイムを

魅力を知る 魅力を知る arrow_right
PAGE TOP